4月11日(火)東京・春・音楽祭2017出演! in 東京文化会館小ホール

昼下がりのアルゼンチン・タンゴ
~タンゴ史に輝く古今の名曲を集めて

魅惑のタンゴの世界を紹介する毎年人気のシリーズには、ラテン語で「男らしさ」を意味するVirtus(ヴィルトゥス)が登場です。今、注目を集める男たちの熱いパフォーマンスにご期待ください。

申し込みは http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4040.html

プログラム詳細

■日時・会場
2017.4.11 [火] 15:00開演(14:30開場)
東京文化会館 小ホール

■出演
ヴィルトゥス
バンドネオン:仁詩
ヴァイオリン:水村浩司
ピアノ:須藤信一郎
コントラバス:高杉健人
ギター:田中庸介
ダンス:セバスチャン・アコスタ & ラウラ・ダナ*

■曲目
ガルデル:首の差で
N.クカロ & J.クカロ:ブエノスアイレスの影法師
フィリベルト:バンドネオンの嘆き
トロイロ:下町のロマンス
プラサ:
踊り子
吟遊詩人
ロビーラ:エバリスト・カリエゴ に捧ぐ
ピアソラ:
忘却
ブエノスアイレスの冬
マトス・ロドリゲス:ラ・クンパルシータ
メロ:心の底から
サルガン:ドン・アグスティン・バルディに捧ぐ
スカルピーノ:パリのカナロ
ブリゲンティ:夢の中で
ピアソラ:コントラバヒシモ
コビアン:酔いどれたち
ピアソラ:ブエノスアイレスの夏

TOP