FLYER-ARIA 9月 小FLYER-ARIA 9月 裏 小

仁詩・西澤健一 西日本ツアー「ARIA」

今回は来月の9月17日(土)〜24日(土)に行う西日本ツアー「ARIA」のお知らせです。
作曲家・ピアニストの西澤健一氏とのデュオで
名古屋・大阪・広島・山口・博多と回ります。
久々の場所にも伺います。

素敵なゲストの方も!要チェックでお願い致します!

今から楽しみな企画です。

今回はタンゴ・ピアソラにフランス音楽のクラシック、
日本の童謡唱歌、映画音楽、西澤氏の素敵なオリジナル曲なども交えてお送りする予定です。

また色んな地域でたくさんの方々にお会い出来るのを楽しみにしております。みなさま是非ともご都合つけていただき、お運びくださいませ。
会場にてお待ちしております!

【仁詩・西澤健一 西日本ツアー ARIA 】9月17日〜24日
予約は info@bando-neon.com もしくは各会場へ。

【仁詩・西澤健一 西日本ツアー ARIA 】9月17日〜24日
予約は info@bando-neon.com もしくは各会場へ。

【メンバー】バンドネオン・編曲 仁詩 ピアノ・作曲・編曲 西澤健一

———————————————————

【名古屋・大曽根】

【日時】9月17日(土)
【開場】15:00 【開演】15:30
【会場】APOLLON サロンホール蔵 http://apollon-music.co.jp/?page_id=13
愛知県名古屋市北区大曽根1-22 TEL:052-771-3224
【チケット】前売 3000円 当日 3500円

———————————————————

【大阪・中津】  【ゲスト】 テノール:田中良和

【日時】9月18日(日)
【開場】19:00 【開演】19:30
【会場】Le Nuvole  http://lenuvole.jp/
大阪市北区中津3-10-7 TEL:06-6377-0750
【チケット】前売 3000円 当日 3500円

———————————————————

【大阪・本町】

【日時】9月19日(月・祝)
【開場】19:00 【開演】19:30
【会場】Music Spot 燈門 TEL : 090-2749-0375
大阪市中央区瓦町4-4-14 日宝ニュー本町ビル1階
【チケット】前売 3500円 当日 4000円(13席限定 オードブル付き)+1ドリンクオーダー

———————————————————

【広島・中区】  【ゲスト】 フルート:中矢九喜子

【日時】9月22日(木・祝)
【開場】15:00 【開演】15:30
【会場】日本キリスト教団広島流川教会
〒730-0014 広島県広島市中区上幟町8−30 Tel: 080-2440-4526
【チケット】前売 3000円 当日 3500円

———————————————————

【山口・宇部】  【ゲスト】 ボーカル:日高摩梨

【日時】9月23日(金)
【開場】18:30 【開演】19:00
【会場】ピアノ・イン・ステラ http://www.ab.auone-net.jp/~mobmob/
山口県宇部市常盤町2丁目2−17 TEL: 0836-35-3088
【チケット】3800円(要予約)(1ドリンク込 )

———————————————————

【福岡・早良区】

【日時】9月24日(土)
【開場】14:30 【開演】15:00
【会場】イベントカフェ「アルマ」 http://www.wako-music.info/alma.htm
〒814-0015 福岡県福岡市早良区室見1-3-11 TEL:092-851-0661
【チケット】前売 3000円 当日 3500円

———————————————————

バンドネオン 仁詩

京都府出身。大阪音楽大学短期大学部ジャズコースピアノ専攻卒業。ブエノスアイレス渡り研鑽。現地のタンゴフェスティバルに出演。 2011年、12年韓国より招聘を受け、韓国各地にてツアーを行う。
2012年、横浜のみなとみらいホールにて横浜ゾリステンとピアソラの「バンドネオン協奏曲」を共演。
2015年、すみだアートプロジェクトに「お江戸ウロボロス」にて出演。
2016年、クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。
CDを現在4枚リリース。2016年タンゴのアレンジ楽譜の出版、ジブリ音楽の南米音楽カバーCD、フランス音楽クラシックCDも発売予定。
タンゴカルテット「Virtus」、民族音楽と踊りのコラボレーション「旅する僕ら」、尺八との五重奏団「稀」、ブラジルとアルゼンチンを行き交う「ムジカノクラシコ」に力を注ぐ。

ピアノ・作曲 西澤健一

78年東京生まれ。97年国立音楽大学中退。第4回東京国際室内楽作曲コンクール第1位ほか賞歴多数。05年10月、日墨文化協定発効50周年を記念し日本が招待国として指定された第33回セルバンティーノ国際芸術祭において「ピアノ三重奏曲第2番」が團伊玖磨のオペラ「夕鶴」とともに日本を代表するクラシック作品としてヴァイオリニストの黒沼ユリ子氏らによって紹介され、新聞各紙で絶賛される。ミラノ・スカラ座響首席チェロ奏者サンドロ・ラフランキーニ氏主宰のピアノ三重奏団アルトゥス・トリオによる初の室内楽作品集がリメンミュージックより15年4月にイタリアでリリースされた。01年5月、6月にブリュッセルで個展を開催して以来、自作自演を中心に演奏活動も活発に行うほか、コラムの連載、演劇への出演など、多岐に渡る独自の活動を展開している。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事