Bandoneon Player HITOSHI

From Argentine Tango to the new world of music

               

Live



Profile

バンドネオン奏者 仁詩 [Hitoshi]

バンドネオン奏者。作編曲家。 京都府出身。 大阪音楽大学短期大学部ジャズコースピアノ専攻卒業。 高校生の頃にバンドネオンに出会う。 ブエノスアイレスに渡り研鑽を積む。カルロス・パソ、ネストル・マルコーニ、ロベルト・アルバレス各氏にそれぞれ師事。 2018年夏、アメリカで開催された第4回国際バンドネオン・コンテスト【Che Bandoneon Competition】のファイナリストに選ばれ、第2位受賞。 2009年 ブエノスアイレスのタンゴフェスティバルに出演。 2011年 12年韓国より招聘。ソウルを中心にツアーを行う。 2013年 2015年 タンゴバンド VirtusにてCDを2枚リリース、全国的にツアーを行う。 2015年 すみだアートプロジェクトにて、「お江戸ウロボロス」を主宰公演。コンサートの制作も統括。 2016年 クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。 2016年 オーストラリア公演を行い、ブリスベン、ゴールドコーストの各地を周る。 2016年 ベリーダンスと民族音楽のコラボレーション「旅する僕ら」を座高円寺にて行う。演奏、編曲、プロデュース、制作を統括。 2017年春、東京文化会館小ホールにて、東京春音楽祭に主宰グループ「Virtus」にて出演。 2017年7月 マレーシア、クアラルンプールにて公演を行う。 2018年3月 国立科学博物館×東京・春・音楽祭〈ナイトミュージアム〉コンサート に出演。 2018年5月 主宰グループ「直会 nao rai」にて「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。 2018年11月 直会西日本Tour2018にて、名古屋 京都 大阪 広島を周る。 現在は東京を拠点に全国的にツアーを展開中。他分野とのセッションも多く、近年は朗読や演劇、踊りとのコラボレーションも多く行う。 バンドネオンの後進の指導も行うほか、様々な楽器に対してのタンゴアンサンブルのためのワークショップも全国的に行っている。 <自身の主な活動として> 尺八とバンドネオンを中心とした6重奏、日本発世界音楽紀行「直会 Nao - Rai」タンゴカルテット「Virtus」、民族音楽と踊りのコラボレーション「旅する僕ら」 南米風ジブリ企画「ジブリズム」ブラジルとアルゼンチンのミクスチュア「ムジカノクラシコ」 現在CDを7枚リリース。 最新CDは2017年11月発売の童謡アレンジCD「アソブニホンノウタ」 タンゴにとどまらず、クラシック、ジャズ、ジプシー、ブラジル、アイリッシュ等、ジャンルを超えた活動を続けるバンドネオン奏者として日本全国で活動中。
space-500px

Movie

  • 【直会 Nao Rai】2017 5/12 ライブ ハイライト

  • 【旅する僕ら】公式PV @座・高円寺

  • 【VIRTUS】ブエノスアイレスの四季

  • 【GHIBLIZM】ジブリズム

  • 【Yellow Tango Quartet】Cafe Dominguez

  • 【CHRONO TRIGGER】時の回廊

  • 【Final Fantasy V】メインテーマ

  • 【Romancing Saga 3】四魔貴族バトル1

Contact

演奏、作編曲、レッスンのご依頼はこちらまで

bandoneon

The bandoneon is a type of concertina particularly popular in Argentina and Uruguay which is an essential instrument in most tango ensembles. The bandoneon was originally intended as an instrument for religious music in German and the popular music of the day. The bandoneon is becoming to be the instrument which has the wide possibility to a variety of music of the day.

バンドネオンはリードオルガン、アコーディオンなどの楽器を元に作られた楽器で、 見た目の形はアコーディオンに似ているとよく言われるのですが、音色はかなり違います。 主にアルゼンチン・タンゴの音楽で使われる事が多いため、アルゼンチンの楽器だと 思われがちですが、もともとはドイツで作られた楽器です。 制作者のハインリヒ・バンドという方の名前からバンドネオンという名前になったようです。 バンドネオンは当初、教会で演奏される携帯用のオルガンとして作られましたが、 いつしかアルゼンチンに渡り、タンゴの中心楽器として発展していきます。 どうやって楽器がアルゼンチンにもたらされたのかははっきりとはしてないようですが、 船乗りがドイツからアルゼンチンに渡る際、船上で行われるミサのために持ち込んだという説が有力のようです。

Discography

CDラインナップ

 
  • 仁詩 2ndCD Yorimichi

  • ブエノスアイレスの四季

  • 南米風ジブリ ジブリズム

  • 直会 Nao Rai

Lesson

バンドネオンの個人レッスンは随時お引き受け致します。各自のペースに合わせて、目標を立てて進めていきます。 単発でのレッスンもOK。 初めての方には楽器の入手についても相談承ります。 またタンゴを演奏する上でのピアノやその他弦楽器向けのアンサンブルレッスンも行っています。 個人、グループレッスンなどいずれの形態にも対応致します。 詳細はContactからお問い合わせください。

Facebook

twitter

TOP