LIVE SCHEDULE
PLOFILE
バンドネオン 仁詩 Hitoshi

バンドネオン奏者。作・編曲家。 京都府出身。
大阪音楽大学短期大学部ジャズコースピアノ専攻卒業。
高校生の頃にバンドネオンに出会う。
ブエノスアイレスに渡り研鑽を積む。カルロス・パソ、ネストル・マルコーニ、ロベルト・アルバレス各氏にそれぞれ師事。
2018年夏 アメリカで開催された第4回・国際バンドネオン・コンテスト【Che Bandoneon Competition】にて第2位受賞。

アジア・オセアニア諸国への海外公演も多く行なう。

2019年8月 ティートックレコーズよりCDメジャーデビュー。

【近年の略歴】
2009年 ブエノスアイレスのタンゴフェスティバルに出演。
2011年 2012年 韓国より招聘。ソウルを中心にツアーを行う。
2013年 2015年 タンゴバンド VirtusにてCDを2枚リリース、全国的にツアーを行う。
2015年 すみだアートプロジェクトにて、「お江戸ウロボロス」を主宰公演。コンサートの制作も統括。
2016年 クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。
2016年 オーストラリア公演を行い、ブリスベン、ゴールドコーストの各地を周る。
2016年 ベリーダンスと民族音楽のコラボレーション「旅する僕ら」を座高円寺にて行う。演奏、編曲、プロデュース、制作を統括。
2017年春、東京文化会館小ホールにて、東京春音楽祭に主宰グループ「Virtus」にて出演。
2017年 7月 マレーシア、クアラルンプールにて公演を行う。
2018年 3月 国立科学博物館×東京・春・音楽祭〈ナイトミュージアム〉コンサート に出演。
2018年 5月 主宰グループ「直会 nao rai」にて「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。
2018年 11月 直会西日本Tour2018にて、名古屋 京都 大阪 広島を周る。
2019年 2月 神戸市室内管弦楽団とピアソラのバンドネオン協奏曲にて共演。

現在は東京を拠点に全国的にツアーを展開中。他分野とのセッションも多く、近年は朗読や演劇、踊りとのコラボレーションも多く行う。

バンドネオンの後進の指導も行うほか、様々な楽器に対してのタンゴ・アンサンブルのためのワークショップも全国的に行っている。

<自身の主な活動として>
田中庸介(Gt)・阿部篤志(Pf)との自身のトリオを軸に、
尺八とバンドネオンを中心とした6重奏、日本発世界音楽紀行【直会 Nao - Rai】
民族音楽系Jazzバンド【Gyps】朗読と落語と踊りのアートパフォーマンス【CARABATO】
民族音楽と踊りのコラボレーション【旅する僕ら】 南米風ジブリ音楽【ジブリズム】
タンゴカルテット【Virtus】
現在CDを9枚リリース。

タンゴにとどまらず、クラシック、ジャズ、ジプシー、ブラジル、アイリッシュ等、ジャンルを超えた活動を続けるバンドネオン奏者として日本全国・海外で活動中。
MOVIE
CONTACT 演奏・作・編曲、レッスンのご依頼はこちらまで

BANDONEON
bandoneon

The bandoneon is a type of concertina particularly popular in Argentina and Uruguay which is an essential instrument in most tango ensembles. The bandoneon was originally intended as an instrument for religious music in German and the popular music of the day. The bandoneon is becoming to be the instrument which has the wide possibility to a variety of music of the day.

バンドネオンはリードオルガン、アコーディオンなどの楽器を元に作られた楽器で、 見た目の形はアコーディオンに似ているとよく言われるのですが、音色はかなり違います。 主にアルゼンチン・タンゴの音楽で使われる事が多いため、アルゼンチンの楽器だと 思われがちですが、もともとはドイツで作られた楽器です。 制作者のハインリヒ・バンドという方の名前からバンドネオンという名前になったようです。
バンドネオンは当初、教会で演奏される携帯用のオルガンとして作られましたが、 いつしかアルゼンチンに渡り、タンゴの中心楽器として発展していきます。 どうやって楽器がアルゼンチンにもたらされたのかは
はっきりとはしていないようですが、 船乗りがドイツからアルゼンチンに渡る際、船上で行われるミサのために持ち込んだという説が有力のようです。

DISCOGRAPHY

Gyps 1st CD

ジャズ・タンゴ・ラテン・中東・和のテイストを含んだワールドワイドな ニューグループGyps(ジプス)
ピアノ 岸さやか ベース 嶌田憲二 ドラム・パーカッション 畠山尚久 バンドネオン 仁詩

直会【Nao-Rai】1st CD【直会】

神事を終え、神酒をおろしていただく酒宴の意である、直会(なおらい)。
バンドネオン、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、パーカッションに尺八! ?
特別な酒で、特別な音を。そんな意思のもと、各々のフィールドで活躍中の若手達が、世界にも類を見ない編成で集結! 日本、そして世界の民謡、民族音楽をベースにタンゴ、フォルクローレ、アイリッシュ、ジャズの要素をそれぞれ加えて収録。【収録曲】サリー・ガーデン ハンガリー舞曲・第5番 スカボロー・フェア buds 黒田節   

アソブニホンノウタ

童謡が作られて100年。親から子へと受け継がれてきた歌を、世界の民族音楽のエッセンスを取り入れながら大人の遊び心で演奏した”ニホンノウタ”新しい楽しみ方を感じさせるオリジナルアレンジ全10曲を収録。 【収録曲】どんぐりころころ ずいずいずっころばし 証城寺の狸囃子 宵待草 黄金虫  あめふり 浜辺の歌 朧月夜 あんたがたどこさ ゆりかごのうた バンドネオン 仁詩 ギター 田中庸介 パーカッション 熊本比呂志

ジブリズム

ジブリの名曲を南米風にアレンジしたカバーアルバムが登場!ブラジルやアルゼンチンの楽しいリズムに合わせ、子供から大人まで楽しめる作品を12曲収録。 1.   風の谷のナウシカ (風の谷のナウシカ)2.   帰らざる日々 (紅の豚)3.   海の見える街 (魔女の宅急便)4.   風になる(猫の恩返し)5.   となりのトトロ(となりのトトロ)6.   わらべ唄(かぐや姫の物語)7.   人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城) 8.   さんぽ(となりのトトロ)9.   いつも何度でも(千と千尋の神隠し)10. 失われた楽園~君をのせて(天空の城ラピュタ) 11. 風の通り道(となりのトトロ)12. カントリーロード(耳をすませば) バンドネオン 仁詩 ギター 助川太郎 パーカッション 熊本比呂志

Virtus「ブエノスアイレスの四季」

【完売しました itunes または Apple music でもご視聴になれます。】 ピアソラのブエノスアイレスの四季を全曲録音、そして古典の名曲から自身とメンバーのオリジナルに、気鋭の作曲家、西澤健一氏による、東京都府中市の暗闇祭りからインスピレーションを得てタンゴとして作られた委嘱作品「La Oscuridad 暗闇」までを収録。 バンドネオン 仁詩 ヴァイオリン 水村浩司 ピアノ 須藤信一郎 ベース 高杉健人